J.H.倶楽部 情報・交流・相談の場を通じて、
HRMの未来をともに描く
× 閉じる

Learning Design
Content 目次

月刊 人材教育 2011年06月号

特集ウェイを実践する人と組織づくり

「3.11」(東日本大震災)は勿論、様々な要因で外部環境が激変する昨今、組織と個人はしっかりと足元を固める必要があります。そのために有効なのは、自社の独自の価値観や基本的な考え方(=ウェイ)を再定義し、組織の隅々にまで浸透させること。ウェイは、現場での一瞬一瞬の判断基準、社員の行動の軸だからです。
では具体的に人事・教育担当者は、ウェイの浸透に、どのように働きかけられるのでしょうか。教育方法はもちろん、具体的な工夫を取材事例からご紹介します。
また、「震災緊急企画」として、震災後の働く人のメンタルケアについて、中原淳氏(東京大学)と野口海氏(精神科医・産業医)の特別対談、
さらに南仙台で研修中に被災した講師・北龍賢氏が、その後の数日間に研修受講者・主催者との協力の中で得た「危機時のマネジメント」の要諦について語る特別記事も掲載。
今、人事・教育担当者ができることを考える材料としていただければ幸いです。