J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年06月号

自らと対話し 判断力を磨き続け イノベーションを起こす

変化の激しい現在、企業は常に新たな事態にぶつかっている。
その時に求められるのは、判断力と、新しい価値を生むイノベーションである。
「Leading Innovation」という東芝のコーポレートブランドをつくった
同社 西田厚聰会長が判断力の磨き方と、イノベーションが起きる企業風土の醸成を語る。

残り:5,474文字

/

全文:7,298文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


西田 厚聰氏
生年月日 1943年12月29日
出身校 東京大学大学院法学政治学
研究科修士課程
主な経歴
1975年 東京芝浦電気 入社
1984年 東芝ヨーロッパ社
上級副社長
1992年 東芝アメリカ
情報システム社社長
1995年 東芝パソコン事業部長
1997年 同社取締役
1998年 同社常務
2003年 同社執行役専務
2005年 同社代表執行役社長
2009年 同社取締役会長
現在に至る

東芝
1875年創業。「人と、地球の、明日のた
めに。」をグループスローガンに、「デジ
タルプロダクツ」「電子デバイス」「社会
インフラ」「家庭電器」の4つの分野を
中心にグローバルに事業を展開する複合
電機メーカー。持続可能な地球の未来に
積極的に寄与していくエコ・リーディン
グカンパニーとして、あらゆる事業活動
を通じて、豊かな価値を創造し、社会に
貢献していく。
資本金:4399億円(2010年3月末現在)、
連結売上高:6兆3816億円(2009年度)、
グループ従業員数:20万3889名(2010年
3月末現在)、グループ連結子会社数:
542社(2010年3月末現在)

インタビュアー/浅久野映子
Interview by Eiko Asakuno
写真/柚木裕司
Photo by Yuji Yuki