J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年06月号

環境と現場の知恵が育む 伝統のおもてなしの心

1906年(明治39年)創業、2006年に創業100周年を迎えた加賀屋。
そのサービスを一度は経験したいと、国内はもとより、
海外からも訪れる客は跡を絶たない。
2010年12月には、台湾の北ぺい投とう温泉街に進出した。
異なる文化を持つ台湾にも受け継がれた、
加賀屋の流儀ともいえる“加賀屋流おもてなし”。
その背景には、現場での体感を重視した教育と、
社員がおもてなしを発揮できる環境づくりがあった。

プロフィール

鳥本 政雄氏 専務取締役

1906年創業。石川県七尾市和倉温
泉に本社を置き、「加賀屋」をはじ
めとした温泉旅館、飲食店等を営
む。2010年12月、台湾のディベロ
ッパー「日勝生活科技」との合弁
で、台北市北投区の北投温泉に「日
勝生加賀屋」を開業した。
資本金:5000万円、売上高:120億
円、従業員数:800名(2011年4月
現在)

取材・文/石原野恵、写真/加賀屋提供、石原野恵