J.H.倶楽部 情報・交流・相談の場を通じて、
HRMの未来をともに描く
× 閉じる

Web Limited Series Web限定連載

緊急特集 Withコロナ時代のオンライン教育・テレワーク

昨今の禍中、企業内教育は「オンライン」化、仕事は「テレワーク」での遂行への転換を余儀なくされています。そこで、その2点を中心に、「Withコロナ時代」を生き抜く情報をご紹介します。

2021年02月25日

Photo by Shutterstock.com

読書の鬼・菊池健司氏イチオシ今週の“読まぬは損”

1日1冊の読書を30年続ける菊池氏が、最近読んだ本の中から、読者の皆さんにお勧めの一冊を紹介します。

菊池健司氏日本能率協会総合研究所 MDB事業本部 副本部長

第109回:『妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方』

ビジネスパーソンは多かれ少なかれ、日々アイデア発想を行っている。私自身も、仕事柄幅広い業界とのお付き合いがあることに起因してか、企業のアイデア発想の場に招かれることが近年増加傾向にある。 よく顧客から言われるのは、「自分たちがあまり知らない分野や業界について、なるべく面白い話をしてほしい」というリクエストである。少々ハードルは高いが、こうしたニーズには、こちらも腕が鳴るというか、いかに喜んでいただけるかを考えながら、顧客の次のアイデアにつながりそうな話題やネタをできる限り提供するようにしている。

2021年01月18日

SPECIAL TOPICSラーニングデザイン研究会レポート

“対面”と“オンライン”それぞれの学びのあり方やメリット、組み合わせた際の相乗効果等を産官学連携で研究・発信をする「ラーニングデザイン研究会」のレポートです。これからの時代の学びについて、識者の見解をお届けします。

Step1:桐蔭横浜大学 森 朋子氏 人の学びの構造と学ぶ力を高める方法
Step2:早稲田大学 向後千春氏 学習手段の仕分け方法とオンライン教育の設計
Step3:東京大学 稲水伸行氏 学習効果を高める学習環境のあり方

『Step1:人の学びの構造と学ぶ力を高める方法』後編

2020年10月16日に開催された「JMAMラーニングデザイン研究会」。今回は、『人の学びの構造と学ぶ力を高める方法~人材育成における「習得型」、「探究型」教育とは~」と題して、桐蔭学園の森朋子氏にオンラインで講演いただいた。本稿では、第一部「新しい時代の学力とは」、第二部「学びをデザインする(PDCA)」の2回に分けて紹介する。

2019年5月21日

Learning Report from ATD(詳細版)

第8回 「2018年のサミットを振り返る」(後編)

米国の人材・組織開発の専門組織ATD(タレント開発協会)の日本支部ATD-IMNJより、人材開発の新潮流をレポートします。『Learning Design』の連載『Learning Report from ATD』3-4月号掲載の記事に、未公開部分を加えた詳細版の後半です。
今回は、「ATD 2018 Japan Summit」のシーンから、HRのプロがとくに潮流を感じた点について語り合いました。