J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2022年05月刊

成長の仕掛け人 第23回 コープデリ生活協同組合連合会 石井亮氏|原点が支え続けたキャリア すべては「地域のため」人のくらしと想いに寄り添う

自宅に美味しい食材を届ける宅配事業等、人々のくらしに密着した取り組みを展開する地域生協の連合会であるコープデリ生活協同組合連合会。
人事教育 統括部長を務める石井亮氏は、高校卒業後に宅配の現場からキャリアをスタートさせた“たたき上げ”だ。
その誠実な歩みと軌跡を聞いた。

残り:2,780文字

/

全文:3,707文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール

石井 亮(いしい りょう)氏
1994年に入協後、地域担当(配達)、チームリーダーを経て、人事部へ。現コープデリ連合会および生活協同組合コープみらいの労務政策担当部長、人材開発部長、日本生協連の全国生協・人づくり支援センターセンター長を歴任。採用、人事管理、人事制度変更、労務対応、教育研修、組織開発などを実施。2019年より現職。生活協同組合コープみらいの同職務も兼務する。


コープデリ生活協同組合連合会
生活協同組合の連合会として1992年に設立。食の安全と安心を第一に、宅配事業や店舗事業、福祉事業などを展開し、組合員のくらしや地域社会で生まれた課題の解決に向けて、多彩な取り組みを推進するコープデリグループ生協の本部機能。
出資金:1,134億円(2021年3月)
供給高:6,040億円(2021年3月)
従業員数:20,258人(2021年3月)
※いずれもコープデリグループ生協合計(子会社除く)


[取材・文]=平林謙治 [写真]=山下裕之