特集 日本の組織のためのHRBP

OPINION2 自社なりにHRBPの定義を 現在地点から考える人事改革の起こし方 福村直哉氏 嶋田聰氏 デロイト トーマツ グループ

変化のスピードが加速する時代、ジョブ型雇用に舵を切る日本企業が増えつつある。
現場の裁量権を拡大する分権化も昨今のトレンドだ。
複雑化する現場の課題に人事はどう向き合っていけばいいのか。
HRBP(HRビジネスパートナー)に求められる役割や、業務への落とし込み方について、デロイト トーマツ グループのパートナーである福村直哉氏、ディレクターの嶋田聰氏に聞いた。

残り:3,478文字

/

全文:4,637文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る