J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2022年01月刊

特集│Z世代│信州大学 原田曜平氏│“Chill&Me”で理解するZ世代

世間を賑わせた「ゆとり世代」の就職からおよそ10年。
企業では「さとり世代」を経て、Z世代(Generation Z)が続々と働き始めている。
少子化・デジタル社会で生まれ育った彼らは、どのような特性や仕事観を持ちあわせているのか。
若者研究の第一人者である原田曜平氏に、ロスジェネ世代との比較を交えながら解説いただいた。

残り:3,601文字

/

全文:4,801文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール

原田曜平(はらだ ようへい)氏 
マーケティングアナリスト/信州大学 特任教授 
1977年生まれ。
慶應義塾大学商学部を卒業後、博報堂に入社。
博報堂では博報堂生活総合研究所、研究開発局などを経て博報堂ブランドデザイン若者研究所でリーダーに就任。
20年近くにわたり、1万人以上の若手社会人や大学生と共に活動を続ける。
主な著書に『さとり世代』(角川書店)、『それ、なんで流行ってるの?』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』(光文社)など。
テレビ出演多数。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=原田曜平氏提供