特集 経営に貢献するデータドリブン人事

CASE2 ソフトバンク 定量情報を加えることで配属の精度向上を支援 意思決定の精度を高め、経営に資するピープルアナリティクスを実践 御園生 銀平氏 ソフトバンク株式会社 コーポレート統括 人事本部

ソフトバンクでは2018年、統計に詳しい社員によってピープルアナリティクスチームが草の根的に立ち上げられた。
現在は正規の専任部署として、新卒社員の配属をはじめ、人材戦略の意思決定の精度を高めるためのデータ分析を担う。
チームの活動について、立ち上げ時からのメンバーで、HRデータアナリストの御園生銀平氏に聞いた。

残り:3,696文字

/

全文:4,928文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る