特集 私と組織とSDGs

CASE3 イケア・ジャパン サステナビリティへの取り組みはビジネス戦略の一環 バリューの体現がつくる持続可能な組織と社会 マティアス・フレドリクソン氏 朝山玉枝氏 イケア・ジャパン株式会社

家具、ライフアイテム販売のグローバル企業のイケアでは、国連が2015年にSDGsを発表する以前から、サステナビリティ戦略を前面に打ち出した経営を実践してきた。
その方策は、ビジョンやバリューと精緻に一致しておりブレがない。
国内の従業員に向け、どのような形で浸透を図っているのか。
担当者に話を聞いた。

残り:3,611文字

/

全文:4,814文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る