J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年06月号

企業事例3 「道学」で人格を向上し「三方よし」の実現をめざす

人格の育成向上なしには、どんな知識やスキルも真に活かせず、商売(ビジネス)も成り立たない――近江商人のDNAを受け継いできた小泉産業グループが行う人間性教育とは。「道学」と「実学」が折り重なっていく独自の教育体系を明らかにする。

残り:3,444文字

/

全文:4,305文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

甲斐 和弘 氏
グループ経営統括部 人事室室長

小泉産業
1716年に麻布の行商を開始して創業。現在は照明器具や子ども向けの学習机などを中心に、「コイズミ」ブランドで知られる。2006年より照明事業・家具事業をはじめ各事業を専門会社に分社化したグループ経営を行う。
資本金:15億7500万円、売上高:422億円、従業員数:1374名(いずれも2011年3月期連結)
[取材・文・写真] = 中山 景