J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年07月刊

私らしく生きる 第18回 小説家 町田そのこ氏|もう一度目指した夢の先 誰かの背中を優しく押して、笑顔を広げていくために

『52ヘルツのクジラたち』で第18回本屋大賞を受賞し、一躍ベストセラー作家の仲間入りを果たした町田そのこ氏。華やかなシンデレラストーリーの土台には、家族と暮らす日常を大切にする、母としての気づきや想いがあった。

残り:3,185文字

/

全文:4,246文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

町田 そのこ(まちだ そのこ)氏
福岡県在住。2016年、『カメルーンの青い魚』で「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。
選考委員の三浦しをん氏、辻村深月氏から絶賛を受ける。
翌年、同作を含むデビュー作『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』(新潮社)を刊行。
他著書に『ぎょらん』(新潮社)『うつくしが丘の不幸の家』(東京創元社)などがある。
2021年、『52ヘルツのクジラたち』(中央公論新社)で第18回本屋大賞を受賞。


[取材]=菊池壯太 [文]=長岡萌以 [写真]=羽渕みどり