J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年09月刊

特集1│Chapter2│企業事例 CASE 1 ゼビオグループ “何がしたいの?”の問いかけが鍵 出る杭を引っこ抜く 制度と風土

“出る杭”の育成を重視している企業の事例としてまず紹介するのが、量販店をはじめ、スポーツビジネスを広く手がけるゼビオグループである。
出る杭人材を活かす仕組みと風土の在り方について聞いた。

残り:1,667文字

/

全文:2,223文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

矢野智弘氏
ゼビオコーポレート グループ人事部長 兼 採用教育担当リーダー

ゼビオグループ
1973年に福島県いわき市で創業。70年代後半から郊外型スポーツ店の展開を開始し、全国に拡大。現在は小売業にとどまらず、マーケティングやイベント企画、R&Dなど、スポーツを主軸とした様々なビジネスを手がける。
資本金:159億3,580万円、連結売上高:2,345億9,500万円(2018年3月期)、連結従業員数:2,460名(2018年3月31日現在)

[取材・文]=田邉泰子