J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年09月刊

スペシャルインタビュー 私のリーダー論 リーダーシップは “良い失敗から学ぶ”ことで 誰しも磨くことができる

オープンイノベーションで次世代の国富を担う産業を育成・創出することを目的に設立された産業革新機構。
会長を務める志賀俊之氏は、日産自動車の最高執行責任者(COO)として変革の先頭に立ってきた経験を持つ。
志賀氏に、日本の産業界における変革の必要性と、今求められるリーダーシップについて聞いた。

残り:3,569文字

/

全文:4,758文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

プロフィール
志賀俊之(しが としゆき)氏
産業革新機構 代表取締役会長

生年月日 1953年9月16日(64歳)
出身校 大阪府立大学経済学部
主な経歴
1976年4月 日産自動車入社
2000年4月 同社常務執行役員
2005年4月 同社最高執行責任者(COO)
2005年6月 同社代表取締役COO
2013年11月 同社代表取締役副会長
2015年6月 同社取締役副会長
2015年6月 産業革新機構会長就任
2017年6月 日産自動車取締役
現在に至る

企業プロフィール
株式会社産業革新機構
2009年、産業や組織の壁を越えて、オープンイノベーションにより次世代の国富を担う産業を育成・創出することを目的に設立された官民ファンド。
出資金:3,000億1,000万円投資決定件数:133件(累計)支援決定金額:1兆938億円(累計)( 2018年7月末現在)

取材・文/谷口梨花 写真/中山博敬