J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年11月刊

特集2│Chapter2│求められる「遊び」とは OPINION 2 子どものころの感覚を思い出そう 与えられた枠の中でも 自由な遊びは生まれる

遊びは子どもだけのものではない。
ソニーコンピュータサイエンス研究所で「遊び」について研究しているアレクシー・アンドレ氏に、
大人の遊びについて聞いた。

残り:1,987文字

/

全文:2,649文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

profile
アレクシー・アンドレ氏 ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー

1982年フランス生まれ。フランスのグランゼコールの名門、高等電気学校Supelec 工学部でエネルギーおよび情報科学を専攻、2004年東京工業大学コンピュータサイエンス修士課程修了、2009年東京工業大学大学院コンピュータサイエンス博士課程修了後、ソニーコンピュータサイエンス研究所に入所。子どもの主体的な遊びを促すトイ・プラットフォーム「toio™」(トイオ)や、次世代の娯楽を確立させるためのコンテンツ、システム等の開発を手がける。

[取材・文]=谷口梨花