J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年11月刊

特集2│Chapter2│求められる「遊び」とは OPINION 1 重要なのは、遊びの体験の積み重ね 創造力を生む「遊び」の極意

「遊びこそが、新しいものを生み出す原動力になる」という遊び学研究者の松田恵示氏。
なぜ遊びが大切なのか、そして面白く遊ぶコツについて、話を聞いた。

残り:2,779文字

/

全文:3,705文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

profile
松田恵示(まつだ けいじ)氏
東京学芸大学 副学長/「遊び学」研究者

東京学芸大学 副学長。1962年和歌山県生まれ。大阪教育大学大学院卒業。専攻は社会学(スポーツ、教育、教育支援)、体育科教育研究。教員再生実行会議有識者、中央教育審議会委員など教育に関わる数々の要職を務めながら、社会意識論の立場から「遊び文化」を研究する。著書に『おもちゃと遊びのリアル―「おもちゃ王国」の現象学』(世界思想社)、『「遊び」から考える体育の学習指導』(創文企画)など多数。

[取材・文]=瀧川美里