J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年11月刊

連載 私らしく生きる 第3回 歌舞伎役者 市川 右團次 氏 根底にあるのは師匠と両親への感謝 生きざまや情熱を 未来の歌舞伎に伝えていく

小学校在学中、先代・市川猿之助に弟子入りし、歌舞伎の世界に足を踏み入れた三代目市川右團次。息子・二代目市川右近の師匠としても忙しい日々を送る。歌舞伎への思いと自身の在り方について語った。

残り:2,907文字

/

全文:3,876文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

市川 右團次(いちかわ うだんじ)氏
1963年、日本舞踊の家元の長男として大阪に生まれる。1975年、三代目市川猿之助の部屋子として市川右近を名乗る。以後、歌舞伎のみならずオペラやテレビドラマでも活躍、昨年放送された『陸王』(TBS)のシューフィッター役は、熱演ぶりが話題を呼んだ。2017年1月、三代目市川右團次を襲名。

[撮影]=山下裕之、[提供]=市川右團次氏、国立劇場