J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年08月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 “本気”の先に見える世界を伝えたい 目の前の仕事から学び続けた変革者

不動産流通大手、東急リバブルの野中絵理子氏は、人材開発部のトップを
務める。男性中心といわれる不動産業界において、特別な存在だといえるだろう。
アシスタント職からキャリアをスタートさせて現在に至る野中氏は、「多く
の女性社員に、“働き続けること”による面白さを味わってほしい」と語り、ダ
イバーシティ推進にも精力的に取り組んでいる。その原動力は何なのか話を聞いた。

残り:3,814文字

/

全文:5,085文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


東急リバブル
人材開発部長
兼 能力開発課長
兼 ダイバーシティ推進課長

野中 絵理子(Eriko Nonaka)氏
1986年東急リバブル入社。庶務担当として営業所に3年間配属。その後職掌転換し、賃貸仲介営業、管理部門に長く携わり、ブロック長を経て2014 年にダイバーシティ推進課長へ。2016年より人材開発部長。

東急リバブル
1972年設立。不動産の売買仲介業を基盤とし、賃貸仲介業、新築販売受託業、不動産ソリューション事業、不動産販売業など多角的に事業を展開。総合不動産流通企業のパイオニアとして業界をリードする。
資本金:13億9630万円、営業収益:824億4900万円(2017年3月期)、連結従業員数:3016 名(2017年3月末現在)

取材・文/田邉泰子 写真/編集部