J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2022年05月刊

CASE2 ユーザベース|共創を促す共通言語 多様で異能な人材が1つの目標に向かうためのOKR

ユーザベースは2016年よりOKRを採用し、21年から全社導入した。
当時、日本においてほとんど情報はなく、関連書籍は1冊のみ。
グループ執行役員カルチャー担当の村樫祐美氏に、導入の背景や現状の課題について伺った。

残り:3,713文字

/

全文:4,951文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール

村樫祐美氏
ユーザベース グループ執行役員 カルチャー担当


株式会社ユーザベース
「経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」をパーパスに掲げ、経済情報プラットフォーム「SPEEDA」や、ソーシャル経済メディア「NewsPicks」などのサービスを運営。
2008年創業。
資本金:71億8,800万円(2021年12月31日時点)
連結売上高:160億6,300万円(2021年12月期)
連結従業員数:806名(2022年1月1日時点)


[取材・文]=村上 敬 [写真]=ユーザベース提供