J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年08月号

CASE 2 明治安田生命保険 シニア社員を特別扱いしない 準備期間の“マインドセット”が 意識高く活躍できるシニアを生む

生命保険大手の明治安田生命では、定年後も“戦力”として活躍してもらうための雇用制度として、
2013 年に「エルダースタッフ制度」を開始した。その任用にあたっては2年間の準備期間を設け、
60 歳以降の働き方や心構えについて、自ら考えるための機会を与えている。
どうすれば、60 歳以降も意欲的に働き続けてもらうことができるのか。その秘訣を聞いた。

残り:4,546文字

/

全文:5,682文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


長谷川 誓子氏
人事部 ダイバーシティ推進室 室長

石川和正氏
人事部 人事制度グループ グループマネジャー

明治安田生命保険
生保業界の老舗である明治生命と安田生命が合併し、2004 年に発足。以降、時代のニー
ズに応じたさまざまな保険商品を開発する。2017年からは新たな3カ年プログラム「MYイノ
ベーション2020」をスタート。地域社会に必要とされる保険会社をめざす。経営理念は「確かな安心を、いつまでも」。
総資産:37兆5614 億円(2017年3月末現在)、総従業員数:4万1872 名(2017年3月末現在)


[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部