J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年11月刊

気づきのトピックス 社会課題を事業で解決、そして次世代人財育成も!? 『可能性アートプロジェクト』

本誌を開いてすぐの「気づきの扉」に掲載しているアート作品は、『可能性アートプロジェクト』という、凸版印刷が複数の障がい者支援団体とともに2018年から推進している取り組みに賛同し、今年5-6月号より掲載しているものである。
同社はこの取り組みにより社会課題の解決と経済的事業活動を両立させるビジネスモデルを構築し、そのプロセスをつうじて次世代リーダー人財を育成している。
同プロジェクトの誕生の経緯から具体的な施策、さらに今後の展望について聞いた。

プロフィール

巽 庸一朗氏 凸版印刷 人事労政本部 人財開発センター センター長

凸版印刷株式会社 Toppan Printing Co., Ltd.
1900年創業。長年培った印刷テクノロジーを基盤に「情報コミュニケーション事業分野」「生活・産業事業分野」「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたる事業活動を展開。
資本金:1,049億8,600万円
連結売上高:1兆4,860億円(2020年3月期)
連結従業員数:52,599名(2020年3月末現在)

[取材・文]=田中 健一朗 [写真]=凸版印刷提供