J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年11月刊

特集│CASE 1 ヤッホーブルーイング  効率やコストにとらわれない  コミュニケーションの土台と 学びの機会でアウトプット力を醸成

フラットな組織運営のもと、独自の企業理念である『ガッホー文化』を掲げ、社員同士での合意形成による意思決定を重視するヤッホーブルーイング。
いわゆるティール組織の先駆的存在である同社では、社員の「アウトプット力」の向上に向け、具体的にどのような取り組みを行っているのだろうか。
人材開発を担当するモチベーションブルワーズの高畑健太郎氏に話を聞いた。

プロフィール

高畑 健太郎氏
ヤッホーブルーイング モチベーションブルワーズ(HR) ユニットディレクター

株式会社ヤッホーブルーイング
1997年創業。「ビールに味を! 人生に幸せを!」をモットーに、これまで画一的な味しかなかった日本のビール市場にバラエティを提供し、新たなビール文化を創出するとともに、ビールファンにささやかな幸せをお届けするというミッションを掲げ、多様で個性的なクラフトビール製造や各種イベント等を展開している。
資本金:1,000万円
従業員数:149名(2020年9月末現在)

[取材・文]=田中 健一朗 [写真]=ヤッホーブルーイング提供