J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2022年01月刊

特集│ハイブリッドワーク│あまねキャリア 沢渡 あまね氏│組織と個人が向き合うべき3つのハイブリッド

ワークスタイルが大きく変化するなかで注目されているのが、「ハイブリッドワーク」だ。
ワークスタイルや組織開発の専門家である沢渡あまね氏は、オフィスワークとテレワークの組み合わせを超えた「3つのハイブリッド」を提唱している。
どのような考え方なのかを聞いた。

残り:2,970文字

/

全文:3,960文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール

沢渡 あまね(さわたり あまね)氏 
あまねキャリア 代表取締役CEO/作家・ワークスタイル&組織開発専門家/「組織変革Lab」主宰
1975年生まれ。
日産自動車、NTT データなど(情報システム・広報・ネットワークソリューション事業部門などを経験)を経て現職。
350以上の企業・自治体・官公庁で、働き方改革、組織変革、マネジメント変革の支援・講演および執筆・メディア出演を行う。
著書は『どこでも成果を出す技術』『バリ ューサイクル・マネジメント~新しい時代へアップデートし続ける仕組みの作り方』『職場の問題地図』(技術評論社)など多数。

[取材・文]=谷口梨花 [写真]=沢渡 あまね氏提供