特集 Withコロナ時代のマネジメント テレ・マネジャーへの転換

OPINION3 手法を入れてパッと解決、とはいかない 今必要なのは、共に“対話”し探究する 職場のマネジメントとマネジャーの意識転換 中村和彦氏 南山大学 人文学部心理人間学科 教授/NPO 法人OD Network Japan 代表理事

テレワークが前提のWith コロナ時代。
一堂に会しにくい状況下で、組織の力を高めることに難しさを感じる人もいるだろう。
その意味で、組織開発の重要性が高まっている。
そこで組織開発の研究者である中村和彦氏に、困難な状況下でも課題を乗り越え、新しいものやアイデアがどんどん生まれる職場をつくるマネジャーの在り方や、テレワークでの望ましい職場運営等について聞いた。

残り:3,743文字

/

全文:4,990文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る