J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年11月刊

私のリーダー論 人を残すことこそ自分の役割。好奇心を引き出し 皆で一歩踏み出す組織へ

豊富な次世代人材育成プログラムのもと、海外研修等、人材育成に注力しているプリマハム。
2018年から社長を務める千葉尚登氏は、人を残すことを経営の重要課題とし、就任時より「人材の質の強化」の重要性に言及してきた。
自身は組織の「ホップ・ステップ・ジャンプ」の「ジャンプ」を担うと語る千葉氏に、具体的な取り組みや、伊藤忠商事時代に岡藤正広氏や丹羽宇一郎氏から受けた薫陶などを踏まえた人材育成の考え方や想いを聞いた。

残り:3,866文字

/

全文:5,155文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

千葉 尚登(ちば なおと)氏
プリマハム 代表取締役社長 社長執行役員

生年月日 1958年10月31日
出身校 東京大学農学部農業経済学科
主な経歴
1983年 伊藤忠商事 入社
2004年 飼料・穀物部長
2005年 食料経営企画部長
2013年 生鮮食品部門長
2014年 執行役員 食品流通部門長
2015年 Dole Asia Holdings Pte .Ltd 出向(EXECUTIVE VICE PRESIDENT,DIRECTOR)シンガポール駐在
2016年 プリマハム 常務執行役員加工食品事業本部分掌 食肉事業本部分掌 監査部担当
2016年 常務取締役 加工食品事業本部長
2018年 代表取締役社長(現)
2019年 社長執行役員(現)
現在に至る

企業プロフィール
プリマハム株式会社
1931年、金沢で創業。「正直で基本に忠実」「商品と品質はプリマの命」「絶えざる革新でお客様に貢献」を経営理念に、食肉、ハム・ソーセージ、加工食品の各分野を柱とした事業展開を行う。
資本金: 79億800万円
連結売上高: 4,180億円(2020年3月期)
単体従業員数: 1,059名(他に平均臨時雇用者数836名、2020年)

取材・文/村上 敬 写真/山下裕之