J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2018年03月号

寺田佳子のまなまな 最終回 裁判傍聴芸人 阿曽山大噴火さんに聞く 「自然体」で磨く個性とキャリア

最終回に登場いただいたのは毎日、東京地裁に“通勤”する阿曽山大噴火さん。
人知れず行われる「B級裁判」に魅力を見いだし、傍聴し続けること約20 年。
取材をネタにお笑い、著作、講演と活動の幅を広げています。
ユニークなキャリアはいかにして積み上げられてきたのでしょう?
「個の時代」を生き抜くヒントを探りました。

残り:2,212文字

/

全文:2,949文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

阿曽山大噴火(あそざんだいふんか)氏
本名、阿曽道昭。1974 年生まれ。月曜日から金曜日の午前9 時~午後5 時で、裁判所に定期券で通う、裁判傍聴のプロ。裁判ウォッチャーとして、テレビ、ラジオのレギュラーや、雑誌、ウェブサイトで連載を持つ。共著に『B 級裁判傍聴記』(創出版)、著書に『裁判狂事件簿 驚異の法廷★傍聴記』(河出書房新社)など多数。

寺田佳子(てらだよしこ)氏
インストラクショナルデザイナー、ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講師。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)など。https://www.facebook.com/InstructionalDesignConsulting/