J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年09月刊

特集│CASE 2 コニカミノルタジャパン “言わなくてもわかるだろ”からの卒業を テレ・マネジメントの鍵は アサインの“言語化”にあり

情報機器大手のコニカミノルタの国内事業会社であるコニカミノルタジャパンでは、2013年に働き方を見直すためのプロジェクトをスタート、2017年からは全社員を象にテレワークを解禁し、オフィスにしばられないワークスタイルを広めてきた。
さらに2020年、新型コロナウイルス感染症対策のため、在宅勤務を原則とする働き方にスイッチ。
そこで見えてきた新たな課題と傾向、そしてテレ・マネジメントのポイントについて、人事部トップの伊崎公司氏に話を聞いた。

残り:3,464文字

/

全文:4,618文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

伊崎公司氏 コニカミノルタジャパン コーポレート本部 人事総務統括部 人事部 部長

コニカミノルタジャパン株式会社
コニカミノルタグループの情報機器事業、ヘルスケア事業、計測機器事業の国内販売部門を統合する形で、2016年に設立。
「ビジネス社会・人間社会の進化を継続的に創出すること」を理念に、課題提起型のビジネスを展開。
2018年には、自社のソリューション・サービスと社内の働き方改革プロジェクトでの成果を活かし、「いいじかん設計」のコンセプトを確立。新しいワークスタイルを提案し続ける。
資本金:3億9,710万円 
売上高:1,407億円(2020年3月期)
従業員数:3,334名(2020年4月時点)

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=コニカミノルタジャパン提供