J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年09月刊

特集│OPINION 3 中村和彦氏 手法を入れてパッと解決、とはいかない 今必要なのは、共に“対話”し探究する 職場のマネジメントとマネジャーの意識転換

テレワークが前提のWith コロナ時代。
一堂に会しにくい状況下で、組織の力を高めることに難しさを感じる人もいるだろう。
その意味で、組織開発の重要性が高まっている。
そこで組織開発の研究者である中村和彦氏に、困難な状況下でも課題を乗り越え、新しいものやアイデアがどんどん生まれる職場をつくるマネジャーの在り方や、テレワークでの望ましい職場運営等について聞いた。

残り:3,743文字

/

全文:4,990文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中村和彦(なかむら かずひこ)氏 
南山大学 人文学部心理人間学科 教授/NPO 法人OD Network Japan 代表理事

名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。米国NTL Institute 組織開発CertificateProgram修了。
専門は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。
組織開発実践者の養成や、様々な現場における実践に携わるとともに、実践と研究のリンクを目指したアクションリサーチに取り組む。
著書に『入門 組織開発』(光文社)、『マンガでやさしくわかる組織開発』(JMAM)など。

[取材・文・写真]=編集部