J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年03月刊

特集│OPINION 1 生産性と健康の両立が次世代のスタンダード エンパワーメントを加速する健康経営

「健康経営は特別なものではありません」。そう語るのは、産業医で健康経営研究会理事長の岡田邦夫氏。
「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人」など、ブランドのイメージが強い健康経営だが、
健康経営が目指すところは何なのか。これから取り組むには何から始めればよいのか。
岡田氏に基本となる考えを聞いた。

残り:3,419文字

/

全文:4,558文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

岡田邦夫(おかだ くにお)氏
健康経営研究会 理事長

医学博士。大阪ガスで長く産業医として産業保健に従事。
同社健康開発センター統括産業医を経て、大阪経済大学人間科学部客員教授、大阪市立大学医学部臨床教授、プール学院大学教育学部教授などを歴任。
2018年より大阪成蹊大学教育学部教授。厚生労働省などの委員会にも多数参画。
主な著書に『「健康経営」推進ガイドブック』(経団連出版)、『なぜ「健康経営」で会社が変わるのか』(共著、法研)など。

[取材・文]=田邉泰子