J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年08月号

OPINION3 若手社員にもジェロントロジー教育を 周囲の理解と柔軟な体制で シニアが活躍できる職場に

シニア社員が雇用延長で働き続ける場合、周囲の理解や気遣い、
作業環境が、シニアの働く意欲に大きく影響する―そう話すのは、
ジェロントロジー(老年学)を専門とする崎山みゆき氏だ。
シニアにはどのような特徴があるのか。また、意欲的に働いてもらうために効果的なこと、
注意すべきことは何か、話を聞いた。

残り:3,233文字

/

全文:4,311文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


崎山 みゆき(さきやま みゆき)氏
日本産業ジェロントロジー協会 代表理事/自分楽 代表取締役

桜美林大学大学院国際学研究科修士、サンフランシスコ大学学術博士。産業カウンセラー、健康管理士。2000 年大学院在学中に老年学を学ぶ。2003 年自分楽を設立、代表取締役に就任。2010 年から静岡大学大学院事業マネジメント専攻客員教授。主な著書に『60 歳新入社員の伸ばし方、活かし方』(労働調査会)、『シニア人材マネジメントの教科書―老年学による新アプローチ』(日本経済新聞出版社)など。「60 歳新入社員倶楽部」主宰。


[取材・文]=佐藤鼓子 [写真]=編集部