J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年07月刊

特集│INTERVIEW4│ 自分を表現することで心が鍛えられる 「どうすれば相手に伝わるのか」 考え、追求できる生徒を育てる

キレキレの「バブリーダンス」で一躍注目された登美丘高校ダンス部。
バブルを知らない高校生が繰り出すコミカルでユーモラスな動きも話題となった。
その振付・指導を担当しているのがakane氏だ。
多感な女子高生をどのように指導しているのか、育成に対する考えを聞いた。

残り:3,309文字

/

全文:4,412文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

profile
akane(あかね)氏 
振付師/登美丘高校ダンス部コーチ

1992年大阪府岸和田市出身。登美丘高校、日本女子体育大学体育学部運動科学科舞踊学専攻卒業。
3歳のころからダンススクールに通い、中学時代、高校時代にダンス同好会を部活に昇格させる。大学在籍時より登美丘高校のダンス部コーチを務め、振付も担当。
大学卒業後はプロ振付師として、様々な舞台で活躍する。近年は映画『グレイテスト・ショーマン』主題歌「This Is Me」の日本公開用プロモーションビデオの制作・振付や、大阪万博誘致スペシャルサポーターとして「万博ダンス」の振付を担当。

[取材・文]=平林謙治 [写真]=行友重治、アカネキカク提供