J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年05月号

OPINION 2 心を整え、ご機嫌カンパニーになろう 一流選手も取り組むパフォーマンスを高める方法

楽しいかどうかは、自分の心の状態次第。その心を整えるプロが、スポーツドクターの辻秀一氏だ。数々のスポーツ選手のメンタルトレーニングを行ってきた辻氏は、人のパフォーマンスを左右するのは、2つ――行動の「内容」と「質」、すなわち、どのような心の状態で、それを行うかだという。どうしたら一流アスリートのように心を整えてハイパフォーマンスを出し続けられるのかを聞いた。

残り:3,798文字

/

全文:4,747文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

辻 秀一( つじ しゅういち)氏
慶應義塾大学病院内科、同スポーツ医学研究センター勤務後、株式会社エミネクロスを創立。応用スポーツ心理学とフロー理論を基盤としたメンタルトレーニングを通じたパフォーマンスの向上を専門としている。企業向けのセミナーや講演は年間200回以上にのぼり、ワークショップには経営者、Jリーガー、プロゴルファー、音楽家などが参加している。ベストセラーの『スラムダンク勝利学』(集英社インターナショナル)、『フローカンパニー』(ビジネス社)など著書も多数。www.doctor-tsuji.com/

[取材・文]=道添 進 [写真]=エミネクロス提供