J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年02月号

OPINION 2 ちょっとした工夫で職場は変わる “ゆとり”と“認め合い”で回り始める「働きがい」の好循環

ゆとりが失われた職場では、プレイングマネジャーが増え、OJTが機能しない。
したがって、若手も成長を阻まれる。
目先の効率性にとらわれず、長い目でゆとりを持って働き、職場でそれを認め合うことが、結局は働きがいや成長につながる──と宮原淳二氏は言う。
あの手この手で「働きがい改革」を進める事例を紹介しよう。

残り:3,473文字

/

全文:4,630文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

宮原淳二(みやはら じゅんじ)氏
東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長。大手化粧品会社で人事労務分野全般を担当、ワークライフバランス・男女共同参画・風土改革・女性活躍支援などを中心に推進。2011年1月に東レ経営研究所へ転職しコンサルタントとして活躍。内閣官房「すべての女性が輝く社会づくり推進室『暮らしの質』向上検討会」の座長。国立市男女平等推進委員(有識者)。2級キャリア・コンサルティング技能士。日本メンタルヘルス協会認定心理カウンセラー。企業や自治体、労働組合でのワークライフバランスに関する講演を多数実施。大学や専門学校でのキャリア講座の講師も務める。
[取材・文]=中津川詔子 [写真]=編集部