J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年05月刊

特集│OPINION3│グローバル化やテクノロジーの進展はチャンス 自分の人生をデザインするため 個人がすべきこと

人生100年時代に、個人はどのようにキャリアを築いていくべきなのか。
大学教授や多数の企業の社外取締役を務め、ダボス会議などでもグローバルに活躍する石倉洋子氏は、まさに自らの力でキャリアを拓いて来た先駆者。
いま、個人がすべきことについて、自身の経験を踏まえて語った。

残り:2,529文字

/

全文:3,372文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

profile
石倉洋子(いしくら ようこ)氏
一橋大学 名誉教授

一橋大学名誉教授。上智大学卒業後、フリーの通訳などとして活躍。
バージニア大学大学院で経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院で経営学博士(DBA)取得。
マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て青山学院大学国際政治経済学部教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授を歴任。
日清食品ホールディングス、資生堂などで社外取締役を務める。
著書に『世界で活躍する人の小さな習慣』(日本経済新聞出版社)、『グローバルキャリア—ユニークな自分のみつけ方』(東洋経済新報社)など多数。

[取材・文]=谷口梨花