J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年09月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 教え合う風土と当事者意識がつくる 「300年成長する企業」の礎

トップセールスマンとして、営業現場の第一線で活躍していた源田泰之氏。同氏の人事の道は、予想もしていなかった突然の異動から始まった。だが、常に自分が果たすべき役割と向き合い、どんな時も目の前の課題に全力で取り組んできた。販売スタッフ研修をつくるために、自ら店頭に立ち接客を体験。経営者育成をめざし、他社の有能な経営者たちを次々と訪問――。強い当事者意識があるからこそ、自ら行動せずにはいられない。そんな源田氏が見つめているのは30年、300年先のソフトバンクの姿だった。

残り:3,263文字

/

全文:4,350文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人事本部 人材開発部 部長
源田 泰之(Yasuyuki Genda)氏
1997年デジタルツーカー九州入社、営業を担当。2006年ソフトバンクモバイル、チャネル研修課長に就任。2009年人材開発部長となり、2010年からはソフトバンク社長室を兼務、孫正義社長の後継者を育成するソフトバンクアカデミアを担当。

ソフトバンク
1981年設立。インターネットを事業基盤に、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ヤフーをはじめ約1,300社のグループ企業がある純粋持株会社。経営理念である「情報革命で人々を幸せに」をもとに事業を進め、2010年に発表した“新30年ビジョン”では、“300年成長する企業”をスローガンに掲げた。資本金2,387億7,200万円、連結売上高:3兆3,783億円(2013年3月期)、社員数:187名、連結2万4,598名(2013年3月末現在)

取材・文・写真/髙橋 真弓