J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年05月刊

私のリーダー論 「変えるをよし」と 鉄道魂で 貨物の未来を切り拓く

産業構造、技術革新、労働力不足――あらゆるものが変化にさらされる時代、貨物鉄道を取り巻く環境もまた移り変わろうとしている。
「守るべきものは守り、変えるべきものは変える」と語るのは、2018年、社長に就任した真貝康一氏だ。
異色の経歴をもち、東日本大震災では東北支社長として指揮をとった同氏に、経営改革の基本方針、人づくりの理念について聞いた。

残り:3,506文字

/

全文:4,675文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

プロフィール
真貝康一(しんがい こういち)氏
日本貨物鉄道 代表取締役社長 兼 社長執行役員

生年月日 1955年6月11日
出身校 東京大学法学部
主な経歴
1978年 日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
1999年 ハウステンボス 出向
2007年 JR貨物 入社
2009年 執行役員東北支社長
2011年 常務執行役員東北支社長
2014年 取締役鉄道ロジスティクス本部
    営業統括部長
2016年 取締役兼常務執行役員
    鉄道ロジスティクス本部
    営業統括部長
2017年 取締役兼常務執行役員
    事業開発本部長
2018年 代表取締役社長兼
    社長執行役員 就任
現在に至る

企業プロフィール
日本貨物鉄道株式会社
1987年設立。貨物鉄道事業、倉庫業、駐車場業、広告業、損害保険代理業その他の保険媒介代理業、自動車整備業、一般土木・建築の設計、工事監理および工事業、その他附帯・関連事業等を手掛ける。
資本金:190億円(2019年3月現在)
連結従業員数: 5,406名(2018年4月1日現在)
連結売上高: 1,945億6,100万円(2018年3月期)

取材・文/村上 敬 写真/中山博敬