J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年11月刊

成長の仕掛け人 第3回 これほどエキサイティングなものはない 人事の仕事とは “ロジカル”と“ハート”による 究極のコミュニケーション

2020年に「食品業界世界トップ10クラス」入りを目指す味の素。グローバル化をリードするグローバル人事部長の髙倉千春氏に、これまでのキャリアとHR人材に求められるマインドセットを聞いた。

残り:2,584文字

/

全文:3,445文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Profile
髙倉千春 (たかくら ちはる)氏
味の素 理事 グローバル人事部長

1983年農林水産省に入省。1992年に米国ジョージタウン大学でMBAを取得し、帰国後、シンクタンクやコンサルティングファームで、新規事業や組織改革を担当。1999年よりファイザーなど外資系医薬品メーカーの人事部門で、グローバル人事制度の導入を手がける。
2014年味の素に入社、2018年より現職。

Company Profile
味の素株式会社
1909年創業。以来、うま味調味料「味の素®」など調味料をはじめとした食品分野、アミノ酸を使ったバイオ・ファイン分野、医薬・健康分野など多角的な事業を130超の国・地域で展開する。
資本金:798億6,300万円
連結従業員数:3万4,452名(2018年3月31日現在)

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=中山博敬