J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年12月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 仕事の現場が「教育の現場」 OJT、研修、自己研鑚で自分を磨く

日本初の民間シンクタンクとして設立された野村総合研究所に、野村コンピュータシステムが合併し、1988年に新たに誕生した野村総合研究所。世界の金融ITサービス企業の売上上位100社ランキング「FinTech100」では、今年も前年に続き第9位と、日本企業として唯一のトップ10入りを果たした。同社で入社以来長年SEとしてのキャリアを積み、現在、全社の人材育成を担っているのが人材開発センター長も兼務する広瀬一徳氏だ。技術改革が激しいITの現場で、自らを鍛えてきた広瀬氏に人材育成に対する思いを伺った。

残り:3,226文字

/

全文:4,301文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人材開発センター長 兼 人材育成戦略部長
広瀬 一徳(Kazunori Hirose)
1985年野村コンピュータシステムにSEとして入社。1998年認定プロジェクトマネジャー任命。2002年韓国に出向。日本との仕事のやり方、考え方の違いに衝撃を受ける。2004年に帰国。2006年流通・情報通信ソリューション事業本部人材育成担当着任。2007年より人材育成委員会委員。2011年から現職、現在に至る。

野村総合研究所
野村證券の調査部から分離独立し、1965年4月1日創業。野村総合研究所(NRI)と野村コンピュータシステムが合併したことにより、コンサルティング、金融ITソリューション、産業ITソリューション、IT基盤サービス等の事業を幅広く展開。国内外に多数の拠点を構える。
資本金:186億円、連結売上高:3263億円(2011年3月期)、従業員数:5560名、NRIグループ従業員数:6594人(2011年3月31日現在)

取材・文/浅久野 映子、写真/髙橋 美香