J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年11月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 学びによって変わり続けることこそ 商売の鉄則

イオングループCEOの岡田元也氏からイオン九州の立て直しを託され、2014 年5月、同社社長に就任した柴田祐司氏。
グループ内でも業績堅調だったイオン北海道の社長を務めていた柴田氏が、九州改革のために力を注いだのは、現場の意識を変えることだった。
トップの思いを伝えるコミュニケーションに尽力し、「自分で考え・自分で動き・自分を変える」大切さを語り続ける。
その背景には、常に転機をチャンスに変えてきた、柴田氏ならではの人生観があった。

残り:4,298文字

/

全文:5,731文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


柴田祐司(Yuji Shibata)氏
イオン九州
代表取締役 社長執行役員
生年月日 1956年8月4日

主な経歴
1979年3月 ジャスコ(現イオン)入社
2002年9月 同社 川口前川店長
2003年9月 同社 マリンピア店長
2006年9月 同社 埼玉事業部長
2008年5月 同社GMS事業戦略チームリーダー
2010年3月 イオンリテール 事業創造政策チームリーダー
2010年5月 イオン北海道 取締役
2011年5月 同社 代表取締役社長
2014年3月 イオン九州 顧問
2014年5月 同社 代表取締役社長
現在に至る

企業プロフィール
イオン九州
設立は1972年。福岡市に本店を置く福岡大丸と旧ジャスコとの業務提携契約により、前身である福岡ジャスコが誕生。2003 年より商号を「イオン九州株式会社」に変更。
資本金:31億5500万円(2017年2月28日現在)、営業収益:2364億1000万円(2017年2月期)、社員数:1万829名(2017年2月28日現在)

インタビュー・文/竹林篤実
写真/大島拓也