J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

ISSUE3 現在進行形の企業の取り組み カルビー 真のグローバル企業を目指して 事業を担う経営視点の醸成は 段階的、かつ “外”を意識した育成が鍵

柔軟な人材登用や画期的な人事施策で話題となる、大手食品会社のカルビー。
注目を集めるのは、戦略と事業成長がリンクしているからである。
成長の要となる事業リーダーは、どのようにして育まれているのか。

残り:3,394文字

/

全文:4,525文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

小池美帆氏
人事総務本部 人財・組織開発課 課長

カルビー株式会社
1949年設立。「ポテトチップス」や「かっぱえびせん」などのスナック菓子で知られる、日本を代表する食品会社。近年は「フルグラ」のヒットで話題を呼んだ。社名はカルシウムの「カル」とビタミンB1の「ビー」を合わせた造語。
資本金:120億3,300万円、連結売上高:2,515億7,500万円(2018年3月期)、連結従業員数:3,798人(2018年3月31日現在)

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=カルビー提供、編集部