J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

ISSUE2 育成の転換点 事業立地を変えられるリーダーの土台 今の幹部育成で欠けている 4つの『観』とは

「現在の日本企業の幹部育成は内向きすぎる」と警鐘を鳴らすのは、神戸大学大学院の三品和広教授である。
現状の延長線上に未来はない環境の中、世界を相手に戦わなければならない。
そんな時代に鋭く舵が切れる事業変革リーダーには、どんなことを学ばせるべきで、どのような機会を与えればよいのだろうか。

残り:2,630文字

/

全文:3,507文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Interviewee
三品和広(みしな かずひろ)氏 
神戸大学大学院 経営学研究科 教授

1959年愛知県生まれ。1982年一橋大学商学部卒業。1984年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。1989年ハーバード大学文理大学院企業経営学博士課程修了。1989年ハーバード大学ビジネススクール助教授などを経て2004年より現職。
著書に『戦略不全の論理』『高収益事業の創り方(経営戦略の実戦〈1〉)』(共に東洋経済新報社)などがある。

[取材・文]=竹林篤実