J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年08月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 情報を活かし未来を見据えた育成を 〝気づき〞を促す太陽のマネジメント

ICTを駆使しながら、ビジネスにおける「価値あるコミュニケーション」の創造につながる総合的なソリューションやサービスを提供する、富士ゼロックス。
早期から人材育成に力を入れてきた同社で、現在、教育部トップを務める丸山孝幸氏は、「人の縁やその時々の経験が自分を育ててくれた」と話す。
今、社内の風土改革に臨んでいる最中だという丸山氏。その経験に基づく改革とは、いったいどのようなものだろうか。

残り:3,867文字

/

全文:4,834文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


富士ゼロックス
教育部長(2016年5月取材時点。7月1日より人事部長)
丸山孝幸 (Takayuki Maruyama)氏
1983年富士ゼロックス入社。営業部で複写機のセールス、営業計画などを経験した後、1988年に人事部へ。その後、秘書室で小林陽太郎元取締役会長の秘書を5年間務める。人事部復帰後は、国内外の関連会社に出向し人事管理・人材育成を担う。2012年より現職。

富士ゼロックス
1962年、富士写真フイルムとイギリスランク・ゼロックス社との合弁会社として設立。
知的創造社会を支える存在として、さまざまな経営課題の解決に向け、ドキュメントやコミュニケーションに関わるソリューション、サービスの提供を手掛ける。
資本金:200 億円、連結売上高:1兆1834億円(2016年3月期)、連結従業員数:4万5397名(2016年3月期)

取材・文/田邉泰子 写真/編集部