J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

スペシャルインタビュー 私の戦略人事論 求められるのは 10年20年先を見据えた ビジネスと学びのシフト

本州の東半分の鉄道事業で安全安心を支えながら、駅ナカやSuicaといった新事業も展開してきたJR 東日本。
国鉄民営化から31年を迎え、今後の環境変化に備え経営体制を変更、4月より深澤祐二氏が社長になった。深澤氏は人事部門で長年の経験を持つ。
そこで、どのように今後、ビジネスと学びを転換させていこうとしているのか、「戦略人事論」を聞いた。

残り:3,216文字

/

全文:4,288文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

プロフィール
深澤祐二(ふかさわ ゆうじ)氏
生年月日 1954年11月1日(63歳)
出身校 東京大学法学部
主な経歴
1978年4月 日本国有鉄道 入社
1987年4月 東日本旅客鉄道 発足
2006年6月  取締役人事部長、JR東日本総合研修センター所長
2008年6月 常務取締役
2012年6月 代表取締役副社長
2018年4月 代表取締役社長 就任
現在に至る

企業プロフィール
東日本旅客鉄道株式会社
1987年、日本国有鉄道から民営化し発足。重点取組事項の一つに「人を伸ばす企業風土づくり、生産性向上による経営体質強化」を掲げている。
資本金:2,000億円(2017年3月現在)連結売上高:2兆9501億5600万円( 2018年3月期)
従業員数:54,880名(2018年4月現在)

取材・文/村上 敬 写真/ JR 東日本提供、中山博敬