J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年04月号

OPINION2 不安の除去と職場のサポートがカギ 若手社員の意欲を高める 「組織社会化」のアプローチ

若手社員が企業の中で高いモチベーションをもって働くためには、組織への適応と帰属意識の向上が欠かせない。
その「組織社会化」を進めるには、入社直後の働きかけが重要だ。
彼らの潜在能力を引き出し、働きがいをもたらす方法とは。
組織社会化研究の第一人者、学習院大学の竹内倫和氏に話を聞いた。

残り:3,146文字

/

全文:4,195文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


竹内倫和( たけうち ともかず)氏
学習院大学 経済学部 経営学科 教授
1975 年愛知県生まれ。明治大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得退学後、他大学の専任講師、准教授を経て2011年4 月より学習院大学経済学部准教授。
2013 年4 月より現職。国際学会・国内学会で受賞多数。専門は組織行動論・キャリア論・人的資源管理論。

[取材・文・写真]=田邉泰子