J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年04月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 問題解決につながらない教育には意味がない

「会社に対する忠誠とは何か。一言で言えばイエスマンではないこと。問題意識を持ち、こうするべきではないか、と提言できる人こそ本当の忠誠心を持つ」。こう語るのは富双合成 管理本部 管理部 部長の石橋徳久氏だ。年功序列の中で「周囲から認められていない人が上に立つ」ことに抵抗感を持っていた前職時代。会社の成長のために成すべきことを問い続けた石橋氏が今、同社でめざすのは、誰もが納得できる制度の確立と、見過ごされてきた職場の課題を、社員自身が課題として捉えられる問題発見力の向上である。

プロフィール

管理本部
管理部 部長
石橋徳久(Norihisa Ishibashi)氏
1985 年、イベント管理会社に就職。1989 年、建築資材の専門商社に転職。人事課長を務める。2010 年6月、富双合成入社。管理部部長に就任し、賃金制度から目標管理制度、考課制度、教育制度まで同社の人事制度全般を刷新してきた。

富双合成
1951年設立。ゴム製品製造からスタートし、塩化ビニル加工メーカーとして成長。現在は一般住宅や店舗向けの床材や壁紙、およびテーブルクロス、シャワーカーテンなどのホームファニシングの製造、販売を手掛ける。資本金:3億円(2014 年4月1日現在)、売上高:130 億円(2014 年12月期)、従業員数:300 名(2014 年12月31日現在)
取材・文・写真/髙橋真弓