J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年04月号

CASE.1 GE リーダーシップのOS(基本ソフト)を身につける 修羅場体験で鍛える「適応力」と「人間力」

「世界最強企業」といわれるGE(ゼネラル・エレクトリック)社には、トップ15%の人材しか受けられないリーダーシップ研修がある。
日本人として唯一、同社のリーダーシップ研修の責任者を務めた田口力氏に、「成長し続けるグローバル企業」が重視しているリーダー教育について聞いた。

プロフィール

田口 力(たぐち ちから)氏
1960年、茨城県生まれ。元GEクロトンビル・アジアパシフィック プログラム・マネジャー。TLCO代表取締役。1983年早稲田大学卒業。政府系シンクタンク、IT企業の企業内大学にて職能別・階層別研修や幹部育成選抜研修の企画・講師などに従事。2007年GE入社。「クロトンビル」で、日本人として唯一リーダーシップ研修を任される。日本・アジア太平洋地域の経営幹部育成プログラム責任者として研修を企画・開発・実施。近著に『世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本』(KADOKAWA)。

ゼネラル・エレクトリック
General Electric Company、略称、GE。1878年にトーマス・エジソンが創業した世界最大のコングロマリット(複合企業)。本社は米国コネチカット州。ニューヨークにあるジョン・F・ウェルチ・リーダーシップ開発センター(通称クロトンビル)は世界最高のリーダー育成機関として知られる。
資本金:1305億6600万US ドル、連結売上高:1460 億4500万USドル、連結従業員数 :30万6000人(2013年度)

[取材・文]=中津川詔子 [写真]=編集部