J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年04月号

OPINION 3 組織内外の対立をパフォーマンス向上に活かす リーダーのための 「コンフリクト・マネジメント」

人のぶつかり合い(コンフリクト)は全てが悪いというわけではなく、中には有益なものもある。有害なコンフリクトは上手に排除し、有益なコンフリクトをむしろ積極的に起こす。
そして、新しい価値やイノベーションを生み出そうとするのがコンフリクト・マネジメントだ。 今後、組織が多様化し、文化や価値観の異なる人が一緒に働くようになれば、コンフリクトはますます増える。
リーダーが備えるべきスキルのひとつとして、コンフリクト・マネジメントの重要性が高まっている。

プロフィール

宍戸拓人(ししど たくと)氏
武蔵野大学経済学部経営学科講師。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了後、一橋大学商学部特任講師、武蔵野大学政治経済学部経営学科講師を経て現職。専門は経営学、組織行動論。組織におけるコンフリクト研究をテーマに多数の国際学会発表を行うと同時に、国内外の研究成果にも詳しい。

[取材・文]=平沢真一 [写真]=編集部