J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年04月号

OPINION 2 リーダーシップのパラダイムシフトで求められる 全ての人がリーダーとなる 「出番型リーダーシップ」

経済環境は成長から成熟へと移行し、人材も多様化が進んでいる。
こうした時代に求められるのが多種多様なリーダーだ。
組織の全ての成員が持てる能力を十二分に発揮できる、強くて持続可能な組織を実現するには、多様な人材がそれぞれの能力を活かす「出番型のリーダーシップ」が必要だ。コーチングを日本に紹介する先駆けとなった榎本英剛氏に、今後のリーダーシップに不可欠なパラダイムシフトについて聞いた。

プロフィール

榎本英剛(えのもと ひでたけ)氏
1964年、兵庫県生まれ。1988年、一橋大学法学部卒業、リクルートに入社。1994年、渡米。California Institute of Integral Studiesに留学し、組織開発および変容学を専攻。1997年、同校より修士号を取得。留学中 The Coaches Training Institute(CTI)にてコーチングを学び、2000年、CTIジャパン(現ウエイクアップ)を設立し、日本でCTIのコーチング・プログラムを提供開始。2012年 CTIジャパンのCEOを退任。「よく生きる研究所」を設立。

[取材・文]=坂田博史 [写真]=よく生きる研究所 提供