J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年04月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 育てたいのは、20年先を見て 自分と組織を変えられる人

2020年までに売上高を現在の約3000億円から5000億円に拡大し、創薬型製薬企業として成長するというビジョンを打ち出した塩野義製薬。
その実現のために、どのような人材を求めているのか。
そして、その人材をどのように育成しているのか。
同社の手代木功社長に聞いた。

プロフィール

手代木 功(Isao Teshirogi)氏
塩野義製薬 代表取締役社長

生年月日 1959年12月12日
出身校 東京大学薬学部
主な経歴
1982年4月 塩野義製薬 入社
1987年より二度、計7年間の米国勤務
(ニューヨーク1987~1991年、ノースカロライナ1994~1997年)
1997年1月より秘書室長、経営企画部長等を歴任
2000年 薬学博士号取得(東京大学)
2002年6月 取締役 就任
2004年4月より常務執行役員、専務執行役員と
して、医薬研究開発本部長、続いて4本部(研
究・開発・製造・営業)管掌
2008年4月 代表取締役社長 就任
現在に至る

他の主な兼務
2010年7月~ 大阪商工会議所 副会頭
2011年5月~ 2014年5月 日本製薬工業協会 会長
2014年5月~ 同協会 副会長

塩野義製薬
1878年創業、1919年会社設立。「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」という基本方針のもと、医薬品、臨床検査薬・機器などの製造・販売事業をグローバルに展開。
資本金:212億7974万円、連結売上高:2897億1700万円(2014年3月期)、連結従業員数:6165名(2014年3月31日現在)

インタビュー・文/赤堀たか子
写真/西山輝彦