J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

企業事例③マツダ 人づくり・職場づくりから始まる新時代のメンタルヘルスケア

2万人を超える社員を擁するマツダ。同社では、40年以上の長きにわたり、社員の心身の健康についての取り組みを積極的に行ってきた。誰もがメンタル不調に陥る可能性がある時代では、人づくり、職場づくりからメンタルヘルスケアに取り組む必要があると話すのは、同社健康推進センターの菖蒲田 裕子氏だ。氏によれば、マツダ流ポジティブ・メンタルヘルスケアは、人づくりと密接なかかわりを持つものである。そのココロとは。

残り:3,172文字

/

全文:3,965文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

菖蒲田 裕子 氏
人事本部 安全健康推進部 健康推進センター マネージャー

1920年1月30日設立。広島県に本社を持つ。乗用車・トラックの製
造、販売等を手がける。主要製品は四輪自動車、ガソリンレシプロエンジン、ディーゼルエンジン、ロータリーエンジン、自動車用手動/自動変速機など。国内以外に、米国、中国、台湾、タイ、ジンバブエ、南アフリカ、エクアドル、コロンビアなど海外にも生産拠点を構える。
資本金:1864億9973万6762円、売上高(連結ベース):2兆3257億円(2010年度)、連結従業員数:3万8117名(2011年3月現在)

取材・文・写真/髙橋美香