J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

企業事例②NTTデータ 一層の予防活動へシフト。心身の健康状態を前のめりにキャッチ

心の健康状態は見えにくく、組織のアプローチは概して治療が必要になってからのリアクションになりやすい。そんなメンタルヘルスケアにおいて、治療までには至らない(境界領域)社員を積極的にすくい上げようとしているのが、大手システムインテグレータのNTTデータだ。受け身ではなく前のめりに危険信号を捉える予防策は、いかにして構築されているのか。具体的な施策を聞いた。

残り:3,026文字

/

全文:3,783文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

村井 敏行 氏 人事部 健康推進室 課長

1988年に日本電信電話株式会社から分社(※当時は「NTT データ通信株式会社」、1998年に社名変更)して設立。データ通信やシステム構築事業を行うシステムインテグレータ。中央省庁向けの公共システムから、金融、製造、流通などの法人向けシステムまで、さまざまな分野の情報システムを開発・提供し、2007年には売上高1兆円を突破。
資本金:1425億2000万円、売上高:1兆1619億円(2010年度)、従業員数:1万723名(2011年9月30日現在、単独)

取材・文・写真/中山景